カテゴリ:  beijig( 6 )

北京でホテルステイを楽しむ♪

北京で泊まったのは北京マリオット・シティ・ウォール

f0113427_18331588.jpg

中国のホテルって値段がお手頃なのに広くってお得!!というイメージの私

北京マリオット・シティ・ウォールはスーパーデラックスではないけれど、かなり素敵なホテル
今回の旅では夜、どこかに出かけるのも億劫だったので、外には出かけず、ゆっくりホテルレストランディナーとホテルステイを楽しんできました*^^*

お部屋は20F
入るとその広さとベッドの大きさにびっくり!!
f0113427_1839122.jpg

ベッドにダイブしましたとも…(><)
万里の長城に登って疲れた体もこのベッドが癒してくれました♪

バスルームも落ち着いた雰囲気でいい感じ♪
f0113427_18395738.jpg

なぜかバスルームのブラインドを開けると部屋が見えます…
f0113427_1840144.jpg

だったら夜景が見えるようにバスルームが窓際にあればいいのに…

ちなみに窓から見える夜景はこんな感じでした
f0113427_1844153.jpg

まずまず…

ディナーは1日目は北京ダックを食べに行ったので、2日目はフカヒレが食べたいな~と

北京市内のお店を検索してみたんですが、思うところがなく、ホテル内に中国料理のレストランがあることを発見して行ってきました*^^*

f0113427_18495092.jpg

フカヒレ*^^*
おいしい~~~!!
なんだか中国に来て、幸せ~~~と感じる一瞬でした

でもホテルといえども、メニューは中国語と英語だけ…
かなり注文には困りました(><)
このフカヒレも調理方法を聞かれ…そんなの知らないよ~~~(T T)って感じ…
たまたま持っていたガイドブックを見せ、フカヒレの写真の紅焼大鮑翅を指さし何とかわかってもらえました^^;

他には蝦チリだと思って頼んだものは…
f0113427_18553448.jpg

辛くない蝦の炒め物
蝦はプリプリ!!一緒に炒めてあったセロリが意外にも美味しかった*^~^*

そしてラーメンだと思って頼んだものは…
f0113427_1901075.jpg


太麺の焼きそば(><)
これも違う!!
でもモチモチで美味しい!!
中国へ来たら、やっぱり麺類は食べたいと思ってしまうのはなぜだろう…

唯一、思った通りのものが出てきたのは…
f0113427_1857485.jpg

海鮮炒飯!!
料理が出て来る度に大爆笑でした*^^*

味はどれも絶品でしたよ!!
海鮮類はホント美味しかったです*^^*

北京の繁華街、大府井からはちょっと距離がありますが、新しいホテルで居心地のいいホテルでした♪

中国へ行く時はちょっといいホテルを予約するのがお得ですよ!!
普段過ごせないホテルステイを楽しめると思います!!

by blue-moon5 | 2010-04-07 19:09 |   beijig

紫禁城で龍を数える…

龍は皇帝のシンボル
紫禁城の中を歩いていると、ここまでにも龍が!?と驚くほど龍が描かれています

f0113427_2305880.jpg

太和殿
遠くから見ると大理石の台座に赤い柱、そして青っぽい緑の壁に黄色っぽい模様が見えますが…
近づくと

f0113427_2334279.jpg

黄色く見えたのは黄金の龍!!

f0113427_234318.jpg

しかも描かれている龍は最高地位の5本指の龍(五爪の竜)
この五爪の龍は中国の皇帝しか使うことが出来なかったそうです

f0113427_2394787.jpg

これは保和殿の玉座ですが、玉座の周りにも黄金の龍が沢山…
(最も有名なのは太和殿の玉座の上の玉を抱えた龍だそうですが…)
もっと近づいて見れたらきっと細かなところまで龍が描かれているんでしょうね…

f0113427_2322304.jpg

最も印象に残った龍は一枚岩の雲龍
9匹の龍が描かれています(中国で9という数字は最も強い数字を表しているそうですよ!!)

f0113427_23131840.jpg

金水橋

f0113427_2315347.jpg

橋の欄干までも龍が彫られていました…

ガイドさんから紫禁城にはとにかく沢山の龍がいますよ~~~と聞いてから、龍しか目に入ってないかも(><)
写真を撮っていてもとても楽しかったですよ!!

f0113427_23172525.jpg

さて…どこに龍がいるでしょうか???
f0113427_23181825.jpg

排水口も龍になっていました!!
龍頭と呼ばれていて、雨が降ると龍の口から水が下へ流れるようになっています
面白いですね*^^*

でも一番面白かったのがこの龍
f0113427_23325957.jpg

笑っているように見えませんか?
なんのための龍なのかわかりませんが、きっと観光客のみんなに歯を触られるんでしょうね…
白い歯になってました ^m^

いったい何匹の龍がいるんでしょうね?…
紫禁城
こんなところにもいた!!と龍を探して歩くのも楽しいかもしれませんね*^^*

by blue-moon5 | 2010-04-04 23:42 |   beijig

とにかく広い故宮博物院 sanpo

今回の北京の旅で訪れたのは万里の長城と故宮博物院のたった2か所
観光場所は少ないですが、どちらもじっくり観光してきました*^^*

故宮博物院は明・清王朝時代の王宮
紫禁城とも呼ばれていますよね!!

歴史に疎い私には映画「ラストエンペラー」のシーンと愛新覚羅溥儀という名前しか浮かんでこない…(T T)
でもここを訪れるとその広さや建物の素晴らしさなどからその時代の繁栄ぶりや暮らしぶりを知ることができます!!

それにしてもとにかく故宮博物院は広いんですよ!!
南北の長さ961m、東西の長さ753mですって…

ではでは南北約1kmの紫禁城をご案内しましょう♪

f0113427_22591955.jpg

まずは天安門から入場していきます
毛沢東さんが迎えてくれます…

f0113427_2353068.jpg

午門
紫禁城からして午(ウマ)の方角=南の方角からこの名前がつけられたそうですよ!!
中央の門が皇帝専用、両脇が王侯貴族や文武百官が出入りする門で分けられていたそうです

f0113427_23134779.jpg

続いて太和門
皇帝が政務を行った場所です

f0113427_2318414.jpg

太和殿
皇帝の即位や婚礼、重要な儀式が行われた場所
大理石の3段の台座の上に建っているので建物が更に大きく見え、紫禁城の中で最も重要な場所なんだということが伺えます


f0113427_23252866.jpg

中和殿
式典に臨む皇帝の休憩場所
中和殿から建物の色が褪せて見えるのは、太和殿までは補修工事が行われており、赤い柱や壁の色、瓦の色が鮮やかになっており、中和殿より北側はまだということでした
こちらのほうが歴史を感じますよね…

f0113427_233340100.jpg

保和殿
皇帝が更衣をした場所
こちらの見所は保和殿より保和殿の北側にある雲龍

f0113427_23374580.jpg

長さ6.7mの1枚岩の雲龍
波、山、雲そして龍が描かれています

何故両側に階段があるって?
中央はそれは皇帝しか通ってはいけない道…「御路」
皇帝は神輿に担がれてこの上を通っていった…だから両側に階段があるんですね…

f0113427_23572143.jpg

乾清殿
日常の政務を執り行う所

f0113427_23593691.jpg

坤寧宮
皇后の住居

f0113427_064157.jpg

御花園
不思議な形をした山…
庭園
当時の皇帝や皇后の憩いの場

f0113427_08254.jpg

神武門
北門
ここで故宮博物院が終わります

ゆっくりガイドさんの解説を聞きながら、写真を撮りながら歩いて1時間以上はかかったでしょうか…
広いですね…

ゆっくり見て回り、その建物や装飾の意味、皇帝という存在や地位、そして歴史について感じることが出来ました
歴史という風に包まれるって感じでしょうか???
自分がその空間にいることがとても不思議に思えてきたり…
やっぱり旅って楽しいですね!!

故宮博物院、訪れるときは歩きやすい靴で行くことをおススメします!!


by blue-moon5 | 2010-04-03 00:34 |   beijig

黄砂に包まれる万里の長城 sanpo

今回の北京の旅の第2の目的は万里の長城を歩いて登ること!!

以前行った時はロープウェイでスイスイっと登ってしまったので、景色は楽しめましたが、歩いた!!という達成感がなかったんですよね~~~
なので、今回は歩いて登るオプショナルツアーを申し込んでみました*^^*

f0113427_19283195.jpg

もっともポピュラーな八達嶺長城

入口右手は北城(歩きやすい女坂)、左手は南城(急な勾配な男坂)
まずは緩やかな女坂、写真↓右上の4つ目の見張り台、北四楼を目指すことにしました
f0113427_19312659.jpg

セピアな写真になってますが^^;黄砂に包まれた万里の長城
(黄砂になるとわかっていたのでマフラー、マスク、のどあめ、お茶を準備して臨みましたよ!!)

まずは一つ目の見張り台、北一楼
f0113427_19415328.jpg


北二楼
f0113427_19425998.jpg

この辺りは緩やかで余裕…

北三楼に到着し、北四楼を見上げると…
f0113427_1946439.jpg

この坂、やばくない???
どのぐらいの坂なのか表現しにくいですが、女坂とは言えとにかく急^^;
だんだん息も上がり始め…

f0113427_1953592.jpg

転げ落ちていく人はいないのかな…

f0113427_2020891.jpg

あと少し!!最後の急な階段です

f0113427_19592852.jpg

ようやく北四楼、登長!!
入口から約30分ほどかかったでしょうか…

ここまで来ると、ようやく黄砂も落ち着き、遠くまで景色が見渡せるようになっていました*^^*
どこまでも続く万里の長城…
壮大な景色です!!

北側を見ると
f0113427_2014733.jpg

さらに長城は続いており、北八楼(写真↑中央)まで見ることが出来ました
本当は北八楼まで歩いて登ってみたかったのですが、時間の都合でここまで…

やっぱり歩いて登ると達成感は想像以上!!
登った!!って感じ!!

補修されているところ、壊れかけているところ、様々ですが、歴史を感じる万里の長城
黄砂に包まれて、目は痛かったですが、とても素晴らしい景色を眺めることができました

f0113427_2062919.jpg

入口まで戻ってくると、さらに黄砂は消えており、北四楼、更には北八楼まで綺麗に見ることができました
この長城を歩いて登ったのね…改めて感動!!

万里の長城へ行くなら、ロープウェイで登るより、歩いて登ることをお勧めします!!

by blue-moon5 | 2010-03-30 20:22 |   beijig

全聚徳で北京ダック♪

初めて北京を訪れたのはもう8年も前の事…
それ以来日本の中華料理店で北京ダックを食べてもどうも納得できるものに出会えず、美味しい北京ダックを食べたいな~と思っていました。
すると妹もまた北京ダックを食べたいと言うので、この3連休、休みを合わせることができたので、思い切って北京へ北京ダックを食べに行くことにしました*^^*

やっぱり北京の北京ダックと言えば、全聚徳でしょ!!
f0113427_22523960.jpg

他の北京ダックのお店も行ってみたいな~とも思いましたが、とにかく以前食べたあの味をもう一度味わいたくて全聚徳へ行きました。

f0113427_22583398.jpg

店内に入ると北京ダックを焼いている所も見れます…
釜で皮がパリパリになるまでこんがり焼いてました

f0113427_22584879.jpg

そして、目の前でさばいてくれるんですよ!!
全聚徳の北京ダックはどちらかと言うと肉厚でしょうか…
皮だけでなく肉も一緒に切ってくれます

f0113427_2325484.jpg

なんて贅沢!!こんなに沢山!!
きっと日本でこの量の北京ダックを注文したらかなりの値段なんだろうな…

皮だけだとかなりジューシー
だからお肉が少し付いているほうがくどくなくって私は好きかな…

f0113427_234348.jpg

小麦粉を焼いた薄餅の上に北京ダック、ネギ、キュウリ、甘辛い味噌=甜麺醤をのせて、くるくるっと巻いていただきます*^^*
きっとこの甜麺醤がお店によって違ったりするんでしょうけど、全聚徳の甜麺醤はかなり美味しいと思います!!

f0113427_2394482.jpg

こんな感じに巻いてパクっとひと口で…
美味しい~~~!!

北京ダックでお腹いっぱいになれるなんて、なんて贅沢なんでしょう…
幸せ~~~*^^*
飛行機でたった3時間でこんな幸せに会えるとは…また行ってしまいそうです^^;

北京で食べる本場の北京ダック、おススメです!!

by blue-moon5 | 2010-03-24 23:19 |   beijig

黄砂…

この3連休、北京ダックが食べたくて北京へ出かけていました*^^*

f0113427_19531057.jpg


故宮博物院や万里の長城へも行ったのですが、びっくりしたのは黄砂!!
日本でも黄砂が降ったようですが、そのさなか、私は本場、北京にいたのです(><)

f0113427_1955149.jpg

太陽も見えなければ、遠くも見渡せない世界でした
しかも砂が降り積もって山も白い…

それにしても雨女な私…

まさか中国では砂女となってしまうとは…

f0113427_20144693.jpg


貴重な体験といえば貴重な体験ですが、やっぱり旅行の時はお天気がいいですよね~~~
そういえばロンドンに行った時は深い霧のため飛行機が飛ばなかったこともあったな…(T T)
結構いろんな経験しています…

北京の旅の模様はまた写真を整理してから、後日アップします♪

by blue-moon5 | 2010-03-23 20:03 |   beijig